ママの脳みそ。

発達障害かも?な3歳男児1人子育て中ママのブログです♪

発達障害児ややこしや〜。

こんばんは〜。

サボリ魔が通ります〜(笑)。

年度末、年度始めって忙しいですよね〜(言い訳 笑)。

 

なーんか、忙しいせいか甲状腺の薬を飲み忘れがちなせいか、心ざわつきがちな今日この頃です(´┐`)

 

この間も息子片耳聞こえないので、耳の病院に定期検診に行ってきたんですけど、検査を嫌がって毎度手こずるんですよ。

そしたら、検査を担当してくれた看護師さんが一言。

 

「あ、思い出した。この子検査させてくれない子だ。」

 

めんどくせーーー感丸出しで言われちゃいました。

下手したらため息ついてるじゃ⁈くらいな対応(;゚ェ゚;)

 

耳にイヤホンみたいの入れるのでやっぱり嫌がって今回もちゃんと検査出来ずで、看護師さんの無言の圧力に母、終始謝りっぱなし。

 

先生は「そのうち検査できるようになりますよ〜」って慰めてくれたので、少しやる気を取り戻しつつ、病院終わったあとは頑張った息子を連れてイオンへ。

 

わかってはいたけど、イオン行ったら「帰りたくない!!!」を発動。

切り替えが下手な我が息子、公園行こうがイオン行こうが、楽しいところ行くと帰りは決まって断末魔の叫び…。

その日は特に眠さがピークだったのもありわけわかんない状態に⁽⁽(ཀ д ཀ)⁾⁾้

 

泣きわめいて帰りたがらない息子を最近ハマっているガリガリ君で釣ってなんとか泣きやませ帰路につかせることに成功…したかと思いきや!!!

食べ進めていくうちに不安定になったガリガリ君、落下(≧△≦)イヤー

棒から外れたことにおかんむりな息子。。。

予定調和を乱されることが大っ嫌いなので、棒から外れたガリガリ君なんて認めない!!とばかりに大号泣。・゚(´□`)゚・。

 

…が、しかし!

そんなことは家で経験済みで想定の範囲内っすわ┐( ̄ヘ ̄)┌ 

車に常備していたスプーンをサッと出して「棒から外れたってちゃんと食べられるから大丈夫さ( ̄∀ ̄)」と危機を回避…したつもりが、運転中の私は対応出来ないので、実は一緒に来てくれてた私の母にその役を任したため、その打開策は通用せず息子はさらに泣きわめいておりました༼≖ɷ≖༽

 

ママだから通用する部分ってありますわね〜。

まぁしゃあない。

今回はこの作戦は失敗だわ〜、というわけでもう手の施しようがないのでガリガリ君は私が食べて息子は落ち着くまでそっとしておくことに。

しばらくは泣きわめいておりましたが、そのうち泣き疲れて眠ってしまいました´Д`)ノ

 

やれやれ…と、息子のこういうややこしい部分について喋ってて、何の気なしに「もうちょっと上手に切り替えられるようになったら本人も楽になるのにねぇ。」って言ったんです。

そしたら母に「アイスアイスってそれに固執しないではぐらかせ」「子供なんて眠たい時はみんなこんなもんだ」って言われたんですね。

 

こういった駄々こねが毎日毎日大なり小なり必ず起こっていた今日この頃、母親の私はじわじわとストレス溜めておりました。

ましてや検査で神経すり減らしてきて、息子はここ最近イチのややこしさを発動し、そこへ来ての母からのダメ出し(?)にまさかの涙腺崩壊。゚(PД`q*)゚。

 

子供なんてそんなもんだと?!

療育通ってて定型発達の子供とちょっと違うって指摘受けてるんだよ!!!

他の子供たちは泣かずに終われるような時も毎度毎度泣きわめいてるんだよ!!!

私だって療育の先生たちから色々教えてもらったり、テレビやネットで調べたり試行錯誤して悩みながら対応してるんだから簡単に言わないでくれよ!!!

 

っていう思いが大爆発༼≖ɷ≖༽

こんな荒々しい言い方はしていませんがこんな内容のことを今度は私が泣きじゃくりながら母に訴えてました(恥)。

なんでしょうねぇ、このややこしい母子(笑)。

 

母は何の気なしに言っただけなんですよ。

それはよーーーーくわかってたんだけど…ホルモンバランスが崩れてたんでしょうね〜、地雷直撃でした( ̄∀ ̄)

 

あ、母には後日謝って仲直りはしましたが、発達障害児を育てるということは、親や周りにも負担があるってことを実感しましたねぇ。。。

理解しようと思っても、うまくいかないことが続けば心は塞ぎますし、心が元気じゃなきゃ余裕も無くなりますしねぇ。

発達障害にしても身体障害にしても精神疾患にしても介護にしても育児にしても、その家族が疲れて事件が起きるのってわかるというか、他人事ではないなぁって思います。

 

今、私は元気な状態に復活してますが、こうして自分を取り戻せたのはひとえに周りのおかげだなぁって思います。

 

どん底にいた時、このままじゃツライ!しんどい!!って思って幼なじみの友達に声をかけて飲みに行きました。

息子を置いて飲みに行く、なんて息子が産まれてから片手で収まるくらいしかありませんでしたがどうしても行きたかった!

旦那さんはそういう部分協力してくれるのでお願いして久々の居酒屋へ。

一連の話から他愛のない話までしゃべり倒してスッキリ爽やか☆

この集い、定期的に開催したいわーーーって心の底から思いました(笑)。

 

あと、療育に通っているセンターの先生たちと話をするのも私のモヤモヤ解消法です( ´ u ` )

餅は餅屋。

すぐに解決できる特効薬はなくても、的確なアドバイスをくれたり、心に寄り添ってくれます。

なにより溜め込まず定期的に話すことができる!

療育のついでに気楽に話すことができるので、改まって育児相談みたいのに行くとかしなくていいのがいいです( ´ u ` )

 

センターに通っていなかったら一人で悶々と考えてひたすら落ち込んだり悪い方に考えたりしてたんじゃないかなぁ…とゾッとします(;゚ェ゚;)

こういったことって ママ友にも話しづらいし。

(私はあんまり気にしないタイプなのですが、言われた方が困るかなぁって思っちゃって話せません(´ω`;))

 

うちは私が働いているので、集団指導は参加出来ず、いつも担当の先生と私たち親子だけの個別指導なのですが、それでも同じ曜日に通うお母さんと話す機会があったりして、情報交換したり出来るのもありがたかったです。

ただ…この間年度が変わって曜日が変わってしまった為、せっかく話せるようになったお母さんと会わなくなってしまいましたが(;-ω-)a゙

また新たに発掘してみます(笑)。

 

集団指導に参加できればさらに話せるお母さんが増えるだろうに…と悔しい思いをしていますが、先輩ママのお話などは大変タメになりますので、コミュニケーション取るのが苦手じゃない方ならこういった面でも療育に通うのって有益だなって思います。

 

終わりの見えない暗ーく長い道のりに感じられる発達障害との付き合いですが、こういった機関に通っていると定期的に検査なり記録が残るのでつい忘れがちな我が子の成長を振り返られて、ちゃんと前に進んでいるんだってヤル気を呼び起こしてもくれます!

 

…もはや誰のために通っているのかわからないくらい、母親である私のメンタル維持に大きく貢献してくれている発達支援センター(笑)。

 

療育通おうか迷ってるお母さん(お父さんも?)がいたらとりあえず通ってみたら良いんじゃないかなぁってオススメしたいです( ´ u ` )

 

私は割とコミュ力高めなので、人付き合いは苦痛じゃなくむしろウエルカムどんと来い!なのですが(笑)、人付き合いが得意じゃない人はストレスになるかもだし、そのセンターにもよるので一概には言えませんが、家で鬱々と考え込むより親の心は楽になるかなぁって思うんです。

 

子供も行ったから、といって劇的に変わることはなくても行ってマイナスになることはないと思うし、なによりうちの子も、センターに通っている他の子供たちを見てても楽しそうです。

習い事感覚で気楽に通ってみてもいいんじゃないかなぁって思いました。

 

ややこしや〜な最近の息子さんの話を書いてるうちに療育センターの回し者みたいになっちゃいました(笑)。

療育に通うことに抵抗がある方も多いような気がするので、気楽に捉えていいと思いますよ〜って言いたかったんです。

通いだしたから、といって発達障害確定、ではないですし。

うちの子も診断受けてないので、正式には発達障害ではないです。

まぁ…センターの先生曰く、通ってる子が後々「もう支援なしで普通に生きていけます!」ってなるのは100人通っていたら1人か2人しかいないらしいですが(´ω`;)

(最後に悩んでる人を打ちのめしちゃいました(´ω`;)???)

 

まぁ、現実はどうであれ、発達障害かもしれないっていうことを受け入れずに背を向けるより、そうかもしれないなら良いと言われることやっとこう!くらいフランクに受け止めようぜ!と。

たしかにショックですけど、道は一つじゃないからうまく生きられるかもしれないし。

療育したおかげで本人が生きやすくなるのが一番ですけど、多分多少育てやすくもなるので親のためにもなるだろうし( ̄∀ ̄)

 

そんな感じで私は療育と向き合っています♪

今通おうか絶賛お悩み中の親御さん方、ご参考まで⊂( ̄(工) ̄)⊃

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村